Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Recommended

 

釣果リスト(50音順)

<Result of 2009>
CATCH MAX TOTAL
アジ 20cm 63匹
イサキ 14cm 57匹
イワシ 15cm 1匹
海タナゴ 23cm 2匹
ガシラ 16cm 5匹
ハゼ 10cm 2匹
ヒイラギ 11cm 1匹
マダイ 15cm 5匹
メバル 19cm 8匹

リリース
クサフグ
スズメダイ
ヒトデ
2008年の釣果 → Result of 2008
2007年の釣果 → Result of 2007
2006年の釣果 → Result of 2006

Selected Entries

Category Archives

INTERESTING ITEM

Weather News

Monthly Archives

MOBILE

qrcode

Blog

 

<< シタビラメを捌く | main | 海タナゴ・マダイを干す・海タナゴ・マダイの一夜干し >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.01.02 Saturday | - | -


うを日記(2008年1回目:とっとパーク小島)

今年の初釣行。

最初はボウズなしの和歌山マリーナシティにしようかと思ったけど、岬町に昨年10月10日にできた、とっとパーク小島へ行くことにする。
入場料は高いけど、高速代が安く済むし駐車場代がいらないので、トータルでは安くなるし、ホームページではなかなかの釣果のようだし。
それに、今年の目標にしてたスズキ(とまではいかなくてもハネ、セイゴでも)が釣れたらいいなぁと。

この時期は7時開園なので、それに合わせて起きる。
・・・実際に到着したのは7時半だったけど(笑)
ちなみに今日は有休(^^)

釣りの朝はスパッと起きれるのに、普段の日はまだ寝正月モードから抜け出せない(笑)

初めての場所だから道に迷うかと思ったけどたいして迷わず到着。
ただ第二阪和国道が緑看板で有料かと思ったよ(^^;




駐車場入口で整理券をもらい、受付で入場料を払う。
合わせてシラサエビも購入。

釣り場へ出てみると木曜というのに結構人が多い。
それも桟橋の片側だけ。
須磨海釣り公園の経験からしてこういうときは潮が激しく流れているはず。
海面を見るとまさにその通り。

混んでる中に入ってお祭りになるのもイヤなのでガラガラ側に陣取って釣り開始。

潮がかなり早く流れているので、とりあえずは胴突きだけを投入する。
流されないように、投げ用のいちばん重いオモリで。
・・・釣れない。

ウキも投入してみる。
・・・釣れない。

海面見てもイワシっぽいのが1匹泳いでるだけ。
見てるとイワシが突然ジャンプした。
イワシって飛ぶんやーと思った瞬間、スズキがガブリと。
捕食の瞬間を見た。

ウキの方が根掛かりして仕掛けをロストしたので、スズキが食いついてくれるのを期待してルアーを出してみる。
が、準備できた頃にはスズキの気配がない。
まさに泥縄(^^;

そうこうしてるうちに胴突きにアタリが!!

巻きあげると大きめの海タナゴ。
見た目で自己最長。

続いてメバルもゲット。
これも見た目で自己最長。

潮の流れが収まってくると底の方でアジも釣れ始める。
ぱっと見でこれも大きめ。
この後メバルとアジがまあまあ釣れる。
みんな大きめ。

小さかったのは合間に釣れたチャリコ鯛くらいかな。
ある程度釣れたけど、ここはかなり根掛かりするのが難点かな。
仕掛けをどれだけロストしたことか。
周りの人もよく根掛かりしてたみたいで地球と悪戦苦闘してた。

あとこの釣り場は結構話かけてこられる釣り人が多い感じがした。
係の人もだし、周りの釣り人や見学の人も。
自動販売機や食事の値段が高かったけど、ま、それはしかたないかな。

昼を過ぎるとアタリがなくなったので、エサを使い切って納竿にする。

片付けた直後に入ってきた人が30僂らいのガシラを釣ってた。
しまった・・・もう少し粘るんだった・・・

とは言いながらも今日釣った4魚種は全て最長記録。
とっとパーク小島最高!!

アジ


海タナゴ


マダイ


メバル

帰って捌く。

まずはメバル。


まな板の上でも2匹はまだエラ動かしてた。

一度メバルの刺身を食べてみたかったので4匹とも三枚卸しにする。

まずウロコを取り、頭を落とす。
次にお腹を開いてハラワタを取り、よく洗って三枚に卸す。
2匹は大人用の刺身に、残りの2匹は子ども用の素焼きにし、いつものごとく中落ちもスプーンでこそぎ取って刺身にする。

今回捌いたうちの2匹はタマゴ持ちだった。
食べようか迷って結局捨てたけど、後でインターネットで調べると食べれるようで、しょうゆ漬けとかおいしそうだった。
次回はチャレンジしてみよう。

次は海タナゴ。


海タナゴは干物にする。

まずはウロコを落とす。
開こうかと思ったけど今回は隠し包丁でハラワタを取り、漬け汁がよくしみるように身に切れ目を入れる。
干物については別項にて。

続いてマダイ。


写真の角度から見るとホウボウに似てる気がする。

それはさておき、マダイも干物にする。

海タナゴと同じくウロコを落とした後、隠し包丁でハラワタを取り、身に切れ目を入れる。

こちらも干物は別項にて。

最後はアジ。


嫁の希望で、大きな2匹はハラワタだけ取り、残りは三枚卸しにする。

一応ウロコを取り、大きな2匹だけはゼイゴも取る。
大きな2匹はお腹を裂いてハラワタを取る。
これだけなら楽チンだ。

残りの4匹は、頭を落としてハラワタを取り、三枚に卸す。
中落ちはスプーンでこそぎ取って、その場でしょうゆをかけてつまみ食い(^^;

後は嫁に託す。

上でも書いたけど、とっとパーク小島で釣れた魚はデカイ。
こういうのを釣り荒れてないって言うんだろうな。
しばらくここばっかりになるかも(^^;

<INFO>
DATE: 2008/1/10
TIME: 7:30 - 14:30
PLACE: とっとパーク小島
TACKLE: サビキ、ウキ釣り、胴突き、ルアー
BAIT: シラサエビ
TIDE: 中潮
WEATHER: 晴れ
CATCH: アジ6匹、海タナゴ2匹、マダイ1匹、メバル4匹
2008.01.10 Thursday | comments(0) | trackbacks(0)


スポンサーサイト

2010.01.02 Saturday | - | -


Post a Comment






Trackback URL

http://uwo.jugem.jp/trackback/175

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.